音旅

JAZZ とSAXの日々のつぶやき


昨日は昔からの友人というか
プレイヤーの友達と セッションでした。
何も決めず 流れるまま セッションしました。
何も決めず演奏しましたが
決めたような感じになり 面白かったです。


いいものも悪いものも変わらないもんなんやなーと
痛感しました。
楽器持って音を出した瞬間に その人の力量が見えます。
もしかしたら 初めて楽器を持って 出した音がその人の
才能を表すものかもしれないなーと思います。


ある意味残酷なもんかもしれません
昨日は自分の足りないところが あからさまに見えた日でした。


頑張ろ


毎年蛍を見に行きます。
ほんの少し前まで 今住んでる所でも見れたのですが
今は 蛍を見に行かなくてはならなくなりました。


川を乱舞する蛍の光は何とも幻想的で しばし時を忘れます。
去年 一匹の蛍が飛ぶ方向を間違えたのか
僕の方にやってきて手に止まりました。
手を動かしても逃げず ちょっとの間 僕のところで休んでいきました。
小さな小さな虫なんです。

光は強いのです。


蛍みたいに光ってみたいです。
「ここにおるで〜」と光ってみたいもんです。


今年ももうすぐ蛍の季節です



一万歩



一日1万歩が目標らしいです。
ということは1年で365万歩です。
死ぬまでにどれくらい歩くのでしょうか?



一歩一歩が愛おしくなります。
大事にしないと行けないとも思います。